スキンケア

【繰り返す】顎ニキビができたとき、これ使ってます【大人ニキビ】

私は小学生~中学生の頃、おでこや鼻にいつも赤ニキビがあって皮膚科に通っていました。

今ではかなり落ち着いているのですが、顎に赤ニキビができやすいです。大人にきびというやつです。しかも、いつも同じ場所にできるんですよね。

ニキビができるとそれだけで憂鬱ですし、メイクで隠そうとしてさらに悪化したり…

大人になってもニキビができるなんて最悪ですよね…

顎は男性ホルモンの影響を受けやすい場所です。

ストレス、身体の冷え、生理周期の影響などによってホルモンバランスが崩れ、男性ホルモンが優位になると顎ニキビができやすくなってしまいます。

 

それでは、顎ニキビができたときに実際に私がやっている方法をご紹介します。

この方法を取り入れることで、私はニキビの治りが早くなりました。

◎必要なもの

 icon-check テラ・コートリル  icon-check 絆創膏  icon-check 綿棒

◎使い方

how to▼

1.夜のスキンケアが終わった後に適量を綿棒にとり、赤ニキビに乗せます。

2.テラコートリルを塗った部分を覆うように絆創膏を貼ります。

3.そのまま寝て、朝起きたら絆創膏を外していつも通りにスキンケアをします。

これだけです。簡単ですよね。

正直に言うと、綿棒は使ってません。(笑) でも綿棒を使ったほうが清潔なので、綿棒を使うことをおすすめします。手で塗るとしても、しっかり手洗いをしてください!

◎注意点!!大事です

使い方を間違えると、ニキビが悪化する可能性があります。

テラコートリル軟膏は、数個程度の赤ニキビに効果があります。

大量の赤ニキビ、白ニキビ、黒ニキビ、紫ニキビには効果が望めないようです。

ステロイドが配合されているので、長期使用はしないでください。

私は3日程度の使用に留めています。長くても1週間をめどに使用してください。

広範囲に塗らないでください。

赤ニキビにピンポイントに塗るようにしてください。

まとめ

やはり人によって、合う・合わないがあると思いますので使用してみて、もし悪化するようであれば、使用は中止してください。1週間程度使用しても効果がなければ、皮膚科などにいって相談することをおすすめします。

気になる方は購入してみてください。