食べ放題でたくさん食べる攻略法まとめ

2018年、2度目のランチバイキングに行ってきました┗(^o^ )┓三

そこで、食べ放題の楽しみ方や、たくさん食べる攻略法的なものをまとめてみます。

その前に、食べ放題のことを『ビュッフェ』『バイキング』と言ったりしますが、

これらの違いを知っていますか?

ビュッフェとバイキングの違い

『ビュッフェ』:セルフ方式の食事。必ずしも食べ放題ではない。世界で通用する。

『バイキング』:和製英語。「バイキング」=「食べ放題」という意味が通用するのは日本だけ。

帝国ホテルが食べ放題のサービスに「バイキング」という言葉を使い始めたことがきっかけで「バイキング=食べ放題」と広まりました。

当時、バイキングという映画があり、その食事シーンが豪快であった様子から、名付けられたそうです。

それでは、本題へ

食べ放題でたくさん食べるコツ

闘いは前日から始まっている

「明日は食べ放題だから夕食は抜きにしよう~」これ、NGです。

食べていないと胃袋が小さくなります。

胃袋拡張のために、前日はなるべくたくさん食べましょう。

当日の朝食or昼食は脂っこいものを摂る

脂っこい食事を食べると約4時間後には空腹を感じます。

メカニズムについては割愛させていただきます。

全く食べないのはNGです。食事を抜いてしまうと、食べ始めたときに急激に血糖値が上昇し、すぐに満腹になってしまいます。

食前には炭酸水を

食べ放題の前に100mlの炭酸水を飲みます。

炭酸水を飲むと、胃の血管が拡張され、ぜんどう運動が活発になるので、より多く食べることができます。飲みすぎるとお腹が膨れますので注意してください。

コーラやサイダーも厳禁。

まずは野菜から

真っ先にお肉などのメインを食べたくなるかと思いますが、たくさん食べたいなら、まずは野菜などの味の薄いものから食べ始めましょう。

血糖値の急上昇を抑える効果があり、後々効いてきます。

とにかく食べ続ける

休憩をはさまず、一定のペースで食べ続けましょう。手を止めてはいけません。

水分は控えめに

水分の取りすぎに注意。

飲み物は、水かお茶がお勧めです。

ここからは私的、上手に食べる方法をご紹介します。

まずは皿を持たずに全体を見て回る

(大人気のお店で列をついているようなところでは難しいですね…)

どんなラインナップかを見て、何を食べていくか、なんとなく考えます。

一周目は満遍なく、一口分だけ取ります。取り過ぎ厳禁。固形物は1個にする。

この時、一気に何皿もテーブルに持ってくるのは避ける。料理が冷めます。

炭水化物はあまり食べない

肉、魚をメインで楽しむので、食べ放題で「ご飯」「パスタ」は控えます。

二周目以降は美味しかったものを食べる

一周目で大体分かるので、食べたいものを中心に食べていきます。

「食べ放題」と考えないことも

食べ放題だからたくさん食べないと!という考えを持たないで行くこともあります。

ビュッフェスタイルは、量ではなく、色々なものを食べたいときにも便利です。

今日は控えめに食べて、食後のコーヒーまで頂いてゆっくりしたランチタイムを過ごしてきました。

食べ放題では食べ残しをださないように考えて食べましょう(ლ╹◡╹)ლ